スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ある少女のお話し

0
♪ありゃりゃ。もしかしてウチのJijoの風邪が移った?鼻声のまま行かせたからかな〜。申し訳ないです〜。今日の晩飯の時も、誰が風邪を持ってきたかで論争してましたが。たぶんChonanかも。ショタロ君も早くよくなれ〜!

♪今日の更新だけ少しイレギュラーかも知れません。3日間連続が終わり、週末更新サボったことも謝んなきゃとか思ったりもあるのですが、スイマセン、思う所アリまして。なので、レポ写真は本日ありません。スイマセン。

♪土曜日も更新できませんでしたが、へばってました。スイマセン。ハイ、ワタシもmonちゃんもです。そのかわりと言ってはなんですが、とても充実した3日間だったかと。出会った方々、ありがとうございました!大感謝!

♪なぜイレギュラーな更新かといいますと、あるコンサートで出会った少女。とても印象が強くて。そのことをゼヒ、このブログで書いておかなきゃ、そんな気持ちになったのです。そのためには、一回ぐらいは、と思いました。

♪少女といっていいのか、もう女性といっていいのか。17歳って微妙な年齢ですよね。ワタシも言葉を交わした時に、「保母さんですか?」と聞いちゃったほど、大人びていました。でもその素顔や肌のカンジはピカピカ。

♪「私、まだ17ですよ〜」と言った笑顔は若さに輝いていました。でも、少し陰を感じさせる、どことなく鋭さを感じる横顔。キリッとしてて、美人。少女か女性か、ワタシが迷う年頃にマチガイありませんでした。

♪ワタシは、音響機材のお片づけ中で、monちゃんはサイン会中。たぶんmonちゃんとお話したかったんだろうな〜と、アトから思いました。「娘さんが亡くなったのは何歳なんですか?」と声をかけられました。

♪「あおぞら」の曲紹介で、ワタシのことをmonちゃんが紹介する話し、気にかけてくれてたんでしょうね〜。「生まれる直前でした」「他にお子さんは?」「3人いますよ」他愛ないように見えて、鋭い感触。

♪「お父さんの話の時、聞けなくて出ちゃいました」と。そして「私、両親がいないんです。施設で育ちました」と。喉が詰まる感触がリアルにしました。「そうなんだ〜」としか言えなかった。少し後悔しています。

♪その他にも他愛のない話をしました。そして「(monちゃんと)話していけば?もうすぐ出来るよ」とも。でもその少女は、はにかんだような笑顔で、手を振っていきました。ちょっと眩しい気もしました。

♪monちゃんが歌う歌は、親が子を思う気持ちを歌ったものが多いです。「あおぞら」は言うまでもなく、「タカラモノ」も、その他も。その少女はどんなキモチでその歌を聴いたんでしょう。もっと話せばよかった。

♪でも、ワタシに話しかけてくれて、ソレ以上にmonちゃんとも話しがしたそうだった。ソレは少しだけ、喜ぶべきことじゃなかったのかな?そんな気がしています。「あおぞら」の娘は、キミと同い年かも、なんだよ〜。

♪児童施設で育っている子ども達、死別よりも生き別れが圧倒的に多いと聞いたことがあります。親という存在を知らずに、認められずに、育っていくのかも知れません。が、きっとキミ達の未来に、あおぞらは広がっている。

♪断言します。これからの未来、キミ達が拓いていく将来、ボクラは命をかけてステキなものにしていく。がんばる。だから、どうぞ裏切られたとカンジないでほしい。歌のメッセージは、ホントの気持ちなのです。






mon公演の詳細、資料はコチラ「公演について


※パソコンでご覧下さい。


Twitterボタン
Twitterブログパーツ


関連記事
スポンサーサイト

テーマ : 音楽のある生活
ジャンル : 音楽

Comment

いろんな、思い…

nayunayuコメントの、お返事ありがとうございました(^-^)

昨晩、”ある少女のお話”を読んでいろいろ考えさせられた気がしました。あと、ふっと、思い出したことも…。

私は20歳で、まだ福岡にいた頃のことなのですが…。
よく、仕事が終わってふらっといろんな方のコンサートに行っていた私。その日はあるアーティストのコンサートに間に合いそうだったので、速攻!会場に向かい昔でいうダフ屋さん(今は何て言うのかな?)をさがしていた私に、年上の女の人が声を掛けてきました。
「チケットありますよ~。良かったら一緒にいきませんか~」
明るそうで、元気の良い印象の方で(*^_^*)
買わせてもらって、会場に入って、初対面同士、いろんな話をしてました。ライブが始まってふとした曲の合間に、その方が
「さっきの曲、思い出というか思い入れがあるんです」とのこと。

長いトークの時間になった時、「実は…」と自分が不妊症であること、今、不妊治療中であること、治療中の方達との集まりに入っていること…いろいろお話ししてくれました。
独身だった私には、言葉は耳にしたことはあってもピンとこず。
でも、すごく明るそうなその人が曲を耳にして、涙ながらに見ず知らずの私に胸の内を話してくれたことに心打たれて泣いてしまいました。
駅まで…と、帰り道ライブ話に盛り上がり、別れ際に
「独身なのに、ごめんね、いろんな話して。困ったやろ~」
「いやいや~そんなことは~」少しドギマギの私に
「ありがとう」と言ってくれました。

その2~3年後、自分自身、子宮内膜症という病気をもっていることが分かり不妊の可能性があると言われた時、ふと、その人のことを思い出しました。今の私なら共感してあげられたかもなぁ~って。
自分が同じような立場(全く同じではないけど…)になって考えた時、見ず知らずの私に話しをしたあの女性の心の中は、いろんな思いでいっぱいだったんだろうぁ~と思います。
20年経った今でも、忘れられないことです。

十人十色で、思いもその分、十人十色。
理解し合うのは100%は無理だと思うけど、少しだけ胸の内を話して少しだけ心が楽になることはあると思います。

”ある少女”さんも、いつか、胸の内をお話できるといいですね。

Re: いろんな、思い…

nayunayuさん、コメントありがとうございます~。

道ですれ違う人たちも、そしてジブンに縁のある人たちも、それぞれの人生でそれぞれにタイヘンなことを抱えているですよね〜。もっともっとがんばろ〜って思わせてもらいました。
ありがと〜です!

monです☆

nayunayuさん。
コメントありがとうございます♪

誰かが抱っこしてくれて、話しかけてくれて、あやしてくれて、ご飯を食べさせてくれて、オムツを変えてくれたから。愛情をもらったから、いま、生きているという事に、もしコンサートを聴いて気がついてもらえたのだとしたら心から嬉しいな。いつかいつか訪れるであろう自分の命よりも大切な存在に逢えた時、自分と重ねて苦しむかもしれないけど、きっとスゴイ愛情で子供を愛してあげれるお母さんになると思うんだ。自分がして欲しかった事を子供に沢山してあげたいって思うはずだから。
また、いつか、その女の子に逢いたいです(#^.^#)

こんばんは(^-^)

monさんも、私の長々コメントにお返事ありがとうございます♡

自分が、子宮内膜症という病気をもっていると分かった時、その女性と偶然だけど出会ったことに”縁”みたいなものを感じたんです…もしかして、必然だった?!みたいな…(私の一方的な思い過ごしかもしれないけど…)

この年齢になるまで、”縁”を感じたことは、いくつかあります。
人だったり、歌だったり、場所だったり…etc 
"縁”を感じるときって、何かしらの”つながり”を感じるんです。”つながり”を感じると、なんだかあったか~い気持ちになるんです(*^_^*)(これも、一方的な思いなんですけど…)

”ある少女”さんがmonさんのお話と歌を聞いて何かしらを感じて、思って、声をかけたこと。その出会いも、もしかしたら”縁”
だったんじゃないかなぁ~…って。

人の出会いって、不思議ですね。でも、大切にしていきたいです。


monです♡

私とnayunayuさんも子宮内膜症つながりですね(#^.^#)
たくさん共通点がありそうで嬉しいです♡
非公開コメント

ランキングに参加しました!
よろしかったらポチッとな、お願いします!
【mon】プロフィール

お~しマン

Author:お~しマン
管理人はお~しマンですが、歌い手はmonですので、monのプロフィールをご紹介します。

大分県出身、福岡県糸島市在住。二児の母である子育てシンガー。叔父はスターにしきの、旦那はスター高橋(KBCドォーモ等)。

幼少の頃から叔父に憧れ、歌手になることを決意。1994年、ヴォーカルグループ、コーラスグループで音楽活動を開始。
2007年6月、シングル「あおぞら 〜世界中の子供たちへ〜」の発表を機にソロとして活動。親から子供へのメッセージソングとして各方面から絶賛。
2008年7月、三瀬プラネットジャム公式イメージソングでセカンドシングル「PLANET 〜サファイアブルーの星〜」発表。2009年6月サードシングル「タカラモノ」発表。2010年3月、家族だんらん県民運動、及び第5回食育推進全国大会のサポートソング「ごはんだよ」、第62回全国人権・同和教育研究大会サポートソング「ともだち」を同時収録の4thシングル「ごはんだよ/ともだち」発表。

子宮外妊娠のため、ふたつとも卵管をなくし不妊治療、体外受精などを経験。また在日韓国人であり、そのために被差別も体験。歌に込めるメッセージの、大きなモチベーションになっている。2000年10月に第一子を出産、2007年12月(あおぞらレコーディング中から妊娠)に第二子を出産。二人の子を持つ子育てシンガーである。

現在、佐賀・福岡・大分県内の小中学校等で、いのちや人権をテーマにしたスクールコンサート「生まれてきてくれてありがとうトーク&コンサート」を展開中。年間のコンサート数も80回を超え多くの方々の共感、感動の涙を誘うとともに、「子どもを抱きしめたくなった」などの感想を数多く頂いている。

メールはこのフォームから!

名前:
メール:
件名:
本文:

Blog Calender
03 | 2017/04 | 05
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -
最近の記事とコメントなど
カウンター
あおぞらリンク
カテゴリー
月別アーカイブ
QRコード
QRコード
ブログ内検索
RSSリンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。