スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

想像と創造

想像力について、すこし。
それも、特に子ども達の、です。
[以前別のところ(ネット上)に書いた文章を編集してみました]

この何年か、シゴトで子ども達と関わりながら感じたこともあり、またシゴト上自らの想像力にムチ打つ日々、ですので、想像力の重要性をとても感じます。

人が生きていく、生物として生きていく上で数少ない、絶対的に必要なものに、この『想像力』は必ず含まれるのではないか、そんな風に感じています。


危険、危機を察知する想像力。感動やヨロコビを得るための想像力。コミュニケーションにも必須の想像力。
情報が溢れている今、情報の取捨選択に想像力を働かせることが出来なければ、情報そのものに振り回されるだけ、そんな危険性もあるでしょう。

ひるがえって子ども達。ムカシと比較してもけして不幸でなく、粗暴でなく、あらゆるチャンスに恵まれたように見える子ども達。マスコミが喧伝する事件さえも、ムカシからあったことに比較すれば「それほどのことはない」と言われ、考えたりもしますが、ワタシ自身なぜが釈然としないのです。

そして思いあたったことは、『想像力の欠乏』。

溢れ、繰り返される『情報』は、子ども達から想像力を奪っているのではないか、と言うこと。
想像力を働かせる前に、結論が見えたりしているかも。
また想像力を働かせることが、稚拙なことに見えているのかも。
そして、果てしないはずの想像力の地平が、息苦しい狭さに限定されているのかも。


考えるにつけ不安になってしまいます。

想像力の欠乏は、生きていく上で相当なマイナスではないでしょうか。
危機の察知、コミュニケーション、感動、ヨロコビなどなど。
特にコミュニケーションにおける想像力の欠乏は、深刻な問題になるでしょう。

さらには、子ども達の得意分野であるはずの、遊びや創造における貧困さ。
もうホントに『オーマイガー』です。


創造はワタシのシゴト上でも最も重要な部分なのですが、それは『模倣』と『組み合わせ』から成り立つと思っています。そして、その模倣と組み合わせから『クリエイティブ』を生み出すのは、想像力。

その想像力の欠乏は、当然ながら『生きていく』上での、かなり大きいハンディキャップ。


「野性的」な雰囲気を持つ子供の方が、イキイキとしていると感じるのは、イメージの問題でなく「想像力」のナチュラルさにあるのではなかろうかと、そんな風に感じたのでした。

そして我が子を含めた、ワタシの周りのすべての子ども達。キミ達にたくさんたくさん『質問』をして、いつも想像力を刺激していきたい、そんな風にも感じているのでした。


今度の日曜日、15時に三瀬高原の『マッちゃん』、自然の中でのライブです。
タクサンの人と、子ども達とお会いできること、楽しみにしてます。
(でも我が子のサッカーの試合は欠席。。。涙)



 発表ライブ1  発表ライブ2
 写真は関係ないんですが、昨年7月14日の「あおぞら発表ライブ」時のものです。ダレが誰だかわかりますか~?
関連記事
スポンサーサイト

テーマ : 音楽のある生活
ジャンル : 音楽

Comment

非公開コメント

ランキングに参加しました!
よろしかったらポチッとな、お願いします!
【mon】プロフィール

お~しマン

Author:お~しマン
管理人はお~しマンですが、歌い手はmonですので、monのプロフィールをご紹介します。

大分県出身、福岡県糸島市在住。二児の母である子育てシンガー。叔父はスターにしきの、旦那はスター高橋(KBCドォーモ等)。

幼少の頃から叔父に憧れ、歌手になることを決意。1994年、ヴォーカルグループ、コーラスグループで音楽活動を開始。
2007年6月、シングル「あおぞら 〜世界中の子供たちへ〜」の発表を機にソロとして活動。親から子供へのメッセージソングとして各方面から絶賛。
2008年7月、三瀬プラネットジャム公式イメージソングでセカンドシングル「PLANET 〜サファイアブルーの星〜」発表。2009年6月サードシングル「タカラモノ」発表。2010年3月、家族だんらん県民運動、及び第5回食育推進全国大会のサポートソング「ごはんだよ」、第62回全国人権・同和教育研究大会サポートソング「ともだち」を同時収録の4thシングル「ごはんだよ/ともだち」発表。

子宮外妊娠のため、ふたつとも卵管をなくし不妊治療、体外受精などを経験。また在日韓国人であり、そのために被差別も体験。歌に込めるメッセージの、大きなモチベーションになっている。2000年10月に第一子を出産、2007年12月(あおぞらレコーディング中から妊娠)に第二子を出産。二人の子を持つ子育てシンガーである。

現在、佐賀・福岡・大分県内の小中学校等で、いのちや人権をテーマにしたスクールコンサート「生まれてきてくれてありがとうトーク&コンサート」を展開中。年間のコンサート数も80回を超え多くの方々の共感、感動の涙を誘うとともに、「子どもを抱きしめたくなった」などの感想を数多く頂いている。

メールはこのフォームから!

名前:
メール:
件名:
本文:

Blog Calender
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
最近の記事とコメントなど
カウンター
あおぞらリンク
カテゴリー
月別アーカイブ
QRコード
QRコード
ブログ内検索
RSSリンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。