スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

コンサートの感想メール!&イトデパレポ

◆7月5日の感想、イロイロいただいています。ひとつ、monetさんのメールをご紹介しますね。とってもうれしかったメールです。

ライブ連チャンお疲れ様でした。表方さんも裏方さんもブラボー!ブラボー!パチパチパチ!笑ったり、泣いたり、眠かったり・・・忙しかったですが。
monさんが1曲終わるたびに「ありがとう」と呟いていらした姿が印象的でした。
PLAYSさん達、プロモーションの映像を見る限りもっとお姉さん達なのかと思っていました。ああいう若い子たちが一生懸命何かをしている姿はとても元気をもらいますね。今後の活躍がとても楽しみです。
娘もくぎづけ。その後、monさん始まった途端お昼寝しちゃいましたが。monさん的にシメシメですね。

クラシックのカバー素敵でした。
あんな素敵な詞、どうしたら思い浮かぶのだろう?せっかく素敵な詞もつけられているので、またどこかで聴けたら嬉しいです。

「いつも何度でも」聴けて嬉しかったです。思い出深い曲のひとつなので。
「生きている不思議、死んでく不思議・・・」本当にそうだな~。
この曲が街中で流れていた頃、私の最愛の友人が急逝しました。彼女にはもう少しで1歳になる娘さんがいました。
火葬場で待っている時私は、彼女のお母さまに「彼女を生んでくれてありがとう」と言いました。
お母さまは「(娘も孫も)産まなきゃよかったのよ。」とポツリ。無理もない言葉だと思います。
でも彼女と出会えたことはタカラモノです。
今その娘さんも小学3年生。毎年年賀状にはおかーちゃんそっくりの満点笑顔。何年も会っていないけど、二人で父子家庭がんばっています。

新曲の「星への手紙」(でしたっけ?)
半年前のクリスマスイブの夜、義父が他界しました。少し前からわかっていたことでした。
遠方なので、最期は間に合いませんでした。
私は結婚してからのお付き合いなので、長い時間一緒にいられなかったけど、義父に言われた言葉、思い出、何より存在が大きく心に残っています。タカラモノです。悲しいというより寂しい気持ちです。

「タカラモノ」「あおぞら」
私も娘が生まれるまで山あり谷ありでした。諦めかけていた時、天から娘が舞い下りてきた。
お腹に授かって無事に生まれ、出会えたことは本当に奇跡!
でも子育ては楽じゃないし、不安だし、ママ友達もいないし、旦那の帰りは遅くて話し相手もいない。子育て楽しくないブルーな日々。
この奇跡に感謝を忘れかけてしまったんですね。
約一年前、保育園でmonさんに出会いました。
「小さな身体、大きな命…」「あなたの全てがタカラモノ」「ただ健やかに祈りに満ちた…」
ああ!そうだった!目から鱗。「喝!」を入れられたようなそれはそれは衝撃的な感動でした。

それからはすごく前向きになれましたし、そうしたら娘を通して素敵な出会いがたくさん訪れました。楽しいママ友達もたくさんできました。monさんともお話までさせていただけるようになりました。

出会いのひとつひとつがタカラモノです。
長くなってしまいました。ワタクシ事ですみません。でも心のどこかで思ってるんだけど、言葉に出てこない、自分でも気付かないような気持を代弁してくださっているようで、歌を聴いて「そうそう!」と思うことが多いのです。
そんなこんなで、先日のアバンセはとても感慨深いものでした。

毎度毎度とても癒されます。やさしい気持ちになれます。
いろんな所にも行けるし。(笑)
ありがとうございます。これからもよろしくお願いします。


◆monetさん、ありがと~ございました!monちゃんもウレシイ!って言ってました。感想、お客様だけじゃなく、スタッフからもボチボチ出てきていまして、少しずつ総括出来そうです。明日は第一弾レポをお届け出来ると思います。みなさんのLIVEレポ、お待ちしてます~!

◆写真がないのもサビシイっすよね?なので、今日のイトデパ、速報です。

 1 2 3
 4 5 6
 7 8 9
会場は「前原古材の森」さん。コノお店イッパイ会場にして、色とりどりなカンジの催しでした。手作り感もタップリでアットホーム、ココロにもカラダにもたっぷりの「いやし」があふれてましたネ~。その中にmonちゃんのLIVE、子育て中で心が休まるヒマのないお母さん達向け、と言うテーマ。そんなカンジ、しますか?あ!ソレに以前monちゃんと共演した浦田さん、今日は手作り木工品で参加中でした。コンサートにもご来場いただき、ありがとうございました!・・・最後のカットの雑誌、福岡県版の子育て雑誌デス。monちゃん一家が表紙!
 
 フライヤ~
◆今度の日曜日は、またまた前原市です。今度は昨年もオジャマした伊都文化会館。シンポジウムと一緒のコンサートのヨ~ですね~。14時頃から約1時間、monちゃんのオシャベリ&歌です。前原駅からも歩いていける距離で、入場無料(シンポジウムは資料代がいるようです)。よろしければドゾ!お問い合せは「雷山の美田と生活環境を守る会」楢崎会長さん(Tel.090-3799-4755)マデ。

関連記事
スポンサーサイト

テーマ : 音楽のある生活
ジャンル : 音楽

Comment

すばらしかった!

よかったぁ!やっぱりよかった!
みなさんお疲れ様でした。
やっぱり、調整室で一緒に大声で歌ってしまいました。
私が惚れ込んだのは正解でした。
明りのプランもはまり込んで作ることが出来ました。
自分の、monさんの曲に対するイメージが、
monさんがその曲に対するイメージにどれだけ近づけたか、
どれだけ雰囲気を壊さずに表現できたかはやっぱり不安です。
終わったあとのmonさんの「お疲れ様!」の言葉と笑顔。
おーしマンさんのHUG。
軍曹の「よかった」の一言。
ぴかぽプランさんのブログの記事。

少し、自信が持てました。
自分が成長できるコンサートだったと思います。
ありがとうございました。
そして、これからもよろしくです。

Re: すばらしかった!

k野サン、ありがと~ございました!
やっぱりプロフェッショナル&気に入っていただけてる、ソレがとってもアドバンテージでしたよね~。袖から、そして会場内で何曲か見ましたが、「k野チャン、居てくれてありがとぉ~!」な気分デシタ~。ホールの醍醐味、とっても大きかったんじゃないかと思ってます。
これからも、ど~ぞ!よろしくお願いします!

雑文にて候

うわ~い…ホントに載ってる…(笑)
い…いいんですかね?…ってもう載っちゃったし

イトデパお疲れ様でした。
娘達ちびっこが、バック…ならぬフロントダンサーズで
失礼しました。
何かひっくり返さないか冷や冷やでした。
マイクスタンド回したのは想定外でしたが。
すみません、大ウケしてしまいました。
でも記念すべきmonさんとの初共演!?アニバーサリー!
ライブ終わってからも初対面のちびっこに囲まれ人気者なのはさすがです。
終わった後までちょろちょろと…お世話かけました。
お邪魔してごめんなさい!
monさん大島さんそして会場のお客様に温かい目で
見守っていただけたのはとてもありがたいです。
カメラ忘れたのがとても悔やまれる~~~~

また次のイベント楽しみです。

monさんoshimanさんおつかれさまでしタ!5日のライブ、何人か6年生がおじゃましたそうで…いいな~!ワタシは指をくわえつつお店に居たのデシタ!

三瀬小学校6年生の感想、載せてくださってありがとうございます。この1年、彼らにもいろんなことがありました。本当に、悲しい別れを経験した子どもたちも複数います。1年前とは、また違った気持ちで、monさんの歌を聴いたことでしょう。

いろんな人との出会い、そして別れ。それを心に留めながら、青空に、太陽に、今日も出会える喜びを忘れずに、生きていきたいですネ。

またお会いできる日を、6年生の子どもたちと、楽しみにしています。

ありがとうございます。

RINハハさん、コメントありがとうございます~。
そう、5日は何人か来てくれてました。「1年前とは、また違った気持ちで~」ですよね。それに、monちゃんもワタシもこの1年、とっても大きく変わったんじゃないかと想ってます。
子ども達に負けないように、ワタシ達もドンドン成長して行ければウレシイな~。
また三瀬に会いに行きますね!ヨロシクです~。
非公開コメント

ランキングに参加しました!
よろしかったらポチッとな、お願いします!
【mon】プロフィール

お~しマン

Author:お~しマン
管理人はお~しマンですが、歌い手はmonですので、monのプロフィールをご紹介します。

大分県出身、福岡県糸島市在住。二児の母である子育てシンガー。叔父はスターにしきの、旦那はスター高橋(KBCドォーモ等)。

幼少の頃から叔父に憧れ、歌手になることを決意。1994年、ヴォーカルグループ、コーラスグループで音楽活動を開始。
2007年6月、シングル「あおぞら 〜世界中の子供たちへ〜」の発表を機にソロとして活動。親から子供へのメッセージソングとして各方面から絶賛。
2008年7月、三瀬プラネットジャム公式イメージソングでセカンドシングル「PLANET 〜サファイアブルーの星〜」発表。2009年6月サードシングル「タカラモノ」発表。2010年3月、家族だんらん県民運動、及び第5回食育推進全国大会のサポートソング「ごはんだよ」、第62回全国人権・同和教育研究大会サポートソング「ともだち」を同時収録の4thシングル「ごはんだよ/ともだち」発表。

子宮外妊娠のため、ふたつとも卵管をなくし不妊治療、体外受精などを経験。また在日韓国人であり、そのために被差別も体験。歌に込めるメッセージの、大きなモチベーションになっている。2000年10月に第一子を出産、2007年12月(あおぞらレコーディング中から妊娠)に第二子を出産。二人の子を持つ子育てシンガーである。

現在、佐賀・福岡・大分県内の小中学校等で、いのちや人権をテーマにしたスクールコンサート「生まれてきてくれてありがとうトーク&コンサート」を展開中。年間のコンサート数も80回を超え多くの方々の共感、感動の涙を誘うとともに、「子どもを抱きしめたくなった」などの感想を数多く頂いている。

メールはこのフォームから!

名前:
メール:
件名:
本文:

Blog Calender
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
最近の記事とコメントなど
カウンター
あおぞらリンク
カテゴリー
月別アーカイブ
QRコード
QRコード
ブログ内検索
RSSリンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。