スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「歌」と「イキ」

◆もう2ヶ月近く経ってしまいましたが、7月5日のコンサートの時、monちゃんはリハーサルから数えると6時間ぐらい歌っていました。2ステージありましたし、デスね。コレ、チョット考えるととってもスゴイことなんですね~。オープニングアクトで歌ったMizuho、現在ワタシのボイトレの教え子なんですが、レッスン中に1時間歌うのでさえやっと。それも休み休みで。

◆通常、それで当たり前だと思います。続けて歌うのが2時間以上になる場合、それなりのトレーニングをしていないとノドを潰しちゃいます。じゃぁ歌えるヒトはドコがちがうのか。いろんな要素が考えられるんです。例えばノドの使い方や共鳴のもっていき方、ソレに発語の方法ナドナド。デモ今ワタシがイチバンちがうんじゃなかろうかと感じている要素は、息。呼吸。そのやり方。

◆「イキてますか?」「イキしてますか?」きいてる内容はジョ~ダンですが、似てませんか?「生きる」と「息」、言葉として同じトコロから発生しているんじゃなかろうかと思います。この世に生を受けた赤ん坊、全身を震わせて大きく泣き声を上げますネ。聞いた話しでは、その時の呼吸はとっても深い腹式呼吸だそうです。「生きる」コトは「息をする」コト。そして「声」を上げること。

◆しょうちゃんがmonちゃんのオナカにいる頃、歌っているmonちゃんを見て「オナカの子と一緒に歌ってるみたい」って言ったことがあります。アナガチ間違いじゃなかった気がします。深く豊かな息は、生命に息吹を与え、それは歌になり、命の輝きになる。な~んて感じているんですね~。以前、学校で「呼吸法」の授業がないのはオカシイ!なんて思っていたぐらいですので。

◆ナニゲナイため息は、深呼吸のカワリだとも聞いたコトがあります。息をコントロールすることによって精神状態もコントロール出来るようになるそうです。緊張した時とか深呼吸で落ち着こうとしますよね?アレですね。そして呼吸次第で何時間も歌えるようになったり。新陳代謝とも大きく関わっているそうですよ~。「深い豊かな息」はココロもカラダも健康に、元気にしてくれそうです。

◆「生きる」と「息」、ソレに「気」。このあたりはとっても深い関係にあると思います。ストレスや疲れがたまるこの時期、深い豊かな息で少しはカラダとココロが軽くなるかも?デス。んでmonちゃんの歌声を聴けばもうバッチグ~!カモですね。(バッチグ~ってあんた、そりゃ古すぎ!)直近のオープンLIVE、9月13日(日)の諸富町産業祭で、お待ちしてます~!

◆おまけに?コンサート、LIVEのご感想なんかも、monちゃん思い出しつつ書いていただけると、ストレス解消になるかも?ははは。募集の締め切りはたぶん9月半ばになると思います。出来るだけタクサンの方からいただけると、バラエティにも富んだDMになるカナ~?なんて思っております。お~しマンを「たすけてヤロ~」という奇特な方、「書いてもイイヨ~」というありがたい方、ヨロシクです~。

◆「LIVE、コンサートの感想」と言うタイトル(別でもかまいませんが)で、200文字以下程度、monちゃんのLIVE、コンサートでみなさんが感じられたコトの率直な感想、個人的な印象ナドナドお寄せくださいませ!宛先はblogのメッセージフォーム、もしくはinfo○deez.net(○を@に換えてくださいね。迷惑メールタイサクです)、FAXは0952-33-1559です~。blogコメントでもOKです!

◆深い息ってどうすんの?と思った方、オマケでカンタンな方法を書いておきます~。ボイトレの時やってるS音発声(と言っても声は出しません)です。まず息をシッカリ吐きます。で鼻からゆっくり目に息を吸います。おへその下に向かって、息を下げるようなイメージ。メイッパイ吸ったら、口をユルめて歯の隙間から「S~」ってカンジで、ゆっくり一定の太さの息を吐きます。

◆最後の最後まで、ゾウキンを絞るように息を吐ききります。オナカはアコーディオンの蛇腹のイメージ。コレを3~4回ぐらいくりかえすと、汗が出るぐらいになると思います。イツでもドコでも出来ますので、挑戦してみて下さいませ。ん~。blogボイトレ?ヘンなの~、デスカね?デモコレが、歌にもつながってるんですね~。今日はふだんとカナリ感じのちがう記事になっちゃいましたね。でわでわ~。


関連記事
スポンサーサイト

テーマ : 音楽のある生活
ジャンル : 音楽

Comment

非公開コメント

ランキングに参加しました!
よろしかったらポチッとな、お願いします!
【mon】プロフィール

お~しマン

Author:お~しマン
管理人はお~しマンですが、歌い手はmonですので、monのプロフィールをご紹介します。

大分県出身、福岡県糸島市在住。二児の母である子育てシンガー。叔父はスターにしきの、旦那はスター高橋(KBCドォーモ等)。

幼少の頃から叔父に憧れ、歌手になることを決意。1994年、ヴォーカルグループ、コーラスグループで音楽活動を開始。
2007年6月、シングル「あおぞら 〜世界中の子供たちへ〜」の発表を機にソロとして活動。親から子供へのメッセージソングとして各方面から絶賛。
2008年7月、三瀬プラネットジャム公式イメージソングでセカンドシングル「PLANET 〜サファイアブルーの星〜」発表。2009年6月サードシングル「タカラモノ」発表。2010年3月、家族だんらん県民運動、及び第5回食育推進全国大会のサポートソング「ごはんだよ」、第62回全国人権・同和教育研究大会サポートソング「ともだち」を同時収録の4thシングル「ごはんだよ/ともだち」発表。

子宮外妊娠のため、ふたつとも卵管をなくし不妊治療、体外受精などを経験。また在日韓国人であり、そのために被差別も体験。歌に込めるメッセージの、大きなモチベーションになっている。2000年10月に第一子を出産、2007年12月(あおぞらレコーディング中から妊娠)に第二子を出産。二人の子を持つ子育てシンガーである。

現在、佐賀・福岡・大分県内の小中学校等で、いのちや人権をテーマにしたスクールコンサート「生まれてきてくれてありがとうトーク&コンサート」を展開中。年間のコンサート数も80回を超え多くの方々の共感、感動の涙を誘うとともに、「子どもを抱きしめたくなった」などの感想を数多く頂いている。

メールはこのフォームから!

名前:
メール:
件名:
本文:

Blog Calender
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
最近の記事とコメントなど
カウンター
あおぞらリンク
カテゴリー
月別アーカイブ
QRコード
QRコード
ブログ内検索
RSSリンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。