スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

夏休み記念?模様がえシマシタ

★Twitterを始めるキッカケを頂いた、糸島ウィキのヤマウチさん。ナント!monちゃんのコンサートスケジュールのページ、作成頂いたです~。ココロから感謝!ありがとうございます!記事本文の、下の方にテキストリンクで貼り付けてますので、PCでご覧下さいませ。

 Diary0723
★こぼしたり汚したりはチビッコの特権。ナノデ、タマにそんなコトも起こるワケです。納豆の粒がひからびてたり、ゴハンがかたまりで出てきたり。小学校の机の中から、得体の知れないカビのかたまりも出てきたり。でも身体を張って発酵に挑戦はコレで最後にしたいね~ショタロ君。

★お久しぶりの第12回「子どもも出来る?歌うカラダのための基礎レッスン」です。もう忘れちゃった方、いっぱいなんでしょ~ね(涙)。でもヒトリでも読んで下さる方がいるなら、お~しマン、がんばるのであります。少しでもお役に立つならっ本望なのでありますっ!

♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪

呼吸について・その4

★前回は「呼吸は半自律神経系」で「コントロールがむずかしいけどソレがキモ」ナンテ感じのお話でした。息、呼吸の重要性はおわかり頂けたんじゃないかと思います。じゃぁ、どうやって呼吸の練習をするの?今日はそのアタリ、具体的にご紹介します。息をコントロール!しませう!

★呼吸のレベルには、深い、浅いがありますね。ふだんの呼吸では、肺の容量の何パーセントぐらい使っているんでしょう?10~15%って言われてるらしいです。ふだんは500mlぐらいらしいですが、はげしい運動をした時には4,000mlを超えることも。スゴイ差ですね~。

★他にも呼吸の仕方のチガイで、多い、少ない(呼吸の回数)、ソレに息自体のスピードも、速い、遅い、があります。コレを身体でコントロールしていくことが、呼吸の練習。ナンダカむずかしそうですか?いやいや、やってみると意外に簡単、で、健康にも効果アリ?

★前に「15秒の長さで呼吸をしてみる」って書きました。コレをもう少し詳しく説明します。最初に息を吐きます。余っている空気を吐き出しちゃう。そしてゆっくり、鼻も口も使ってイイですので、たっぷり限界まで息を吸います。だいたいコレに5秒ぐらいはかけてイイです。

★そしてゆっくり口から息を吐き始めます。上下の歯を少し閉じ気味にし、口の中を狭くしながら、歯に息を当てながら。「しゅー」とか「しぃー」とか「すー」とかの、音が鳴りますよね?コレを「S音発声」と言います。声帯は使わないのに、ですが。子音のみの発声ってコトですね。

★この音をキープしながら、15秒続けます。吐く息の量で、その長さを調節出来ますので、慣れればそうムズカシクはないはずです。自分で出してる音、S音に集中して、揺れないように、またふるえないように。イメージは口の先から、真っ直ぐに糸が出て行ってる感じ。

★他に注意点として、息を吸う時には「下の方から下の方へ」吸う感じ。たっぷりゆっくり、下に押し込みながら吸う感じ。吐く時は逆で、押し出す感じ。アコーディオンとかをイメージするとイイカモです。拡げて吸う、押し込みながら吐く、そんな呼吸の仕方です。

★あとは息を使いきることも、心がけながらやりましょう。限界まで吐ききる。コレで、体中が呼吸の感覚に満たされるはずです。新陳代謝も上がりますし、血中酸素の濃度も上がって、イキイキなる?カモですよ~。免疫力も上がるって聞いたことも。子ども達とレッツトライ!

※パソコンでご覧下さい

Twitterボタン
Twitterブログパーツ





関連記事
スポンサーサイト

テーマ : 音楽のある生活
ジャンル : 音楽

Comment

非公開コメント

ランキングに参加しました!
よろしかったらポチッとな、お願いします!
【mon】プロフィール

お~しマン

Author:お~しマン
管理人はお~しマンですが、歌い手はmonですので、monのプロフィールをご紹介します。

大分県出身、福岡県糸島市在住。二児の母である子育てシンガー。叔父はスターにしきの、旦那はスター高橋(KBCドォーモ等)。

幼少の頃から叔父に憧れ、歌手になることを決意。1994年、ヴォーカルグループ、コーラスグループで音楽活動を開始。
2007年6月、シングル「あおぞら 〜世界中の子供たちへ〜」の発表を機にソロとして活動。親から子供へのメッセージソングとして各方面から絶賛。
2008年7月、三瀬プラネットジャム公式イメージソングでセカンドシングル「PLANET 〜サファイアブルーの星〜」発表。2009年6月サードシングル「タカラモノ」発表。2010年3月、家族だんらん県民運動、及び第5回食育推進全国大会のサポートソング「ごはんだよ」、第62回全国人権・同和教育研究大会サポートソング「ともだち」を同時収録の4thシングル「ごはんだよ/ともだち」発表。

子宮外妊娠のため、ふたつとも卵管をなくし不妊治療、体外受精などを経験。また在日韓国人であり、そのために被差別も体験。歌に込めるメッセージの、大きなモチベーションになっている。2000年10月に第一子を出産、2007年12月(あおぞらレコーディング中から妊娠)に第二子を出産。二人の子を持つ子育てシンガーである。

現在、佐賀・福岡・大分県内の小中学校等で、いのちや人権をテーマにしたスクールコンサート「生まれてきてくれてありがとうトーク&コンサート」を展開中。年間のコンサート数も80回を超え多くの方々の共感、感動の涙を誘うとともに、「子どもを抱きしめたくなった」などの感想を数多く頂いている。

メールはこのフォームから!

名前:
メール:
件名:
本文:

Blog Calender
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
最近の記事とコメントなど
カウンター
あおぞらリンク
カテゴリー
月別アーカイブ
QRコード
QRコード
ブログ内検索
RSSリンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。