スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

週末は耶馬溪へ!

★土曜日、大分県は耶馬溪に行きますが、本日monちゃんから電話で「高速道はメチャメチャ混むことが予想されている」ナンテお話しを聞きましたです。考えてみればソリャそ~だ。炭酸はそ~だ。お盆の上に、ETCで1,000円乗りホーダイですしね。デモ大丈夫なんでしょ~か?

 Diary0812
★ショタロ君は名古屋人の血と大分県人の血と、現在は糸島の血が流れているはず。関西人の血は、ん~、流れてないはず!デモばっとシカシ、関西風のダシの味が、ショタロ君の言葉にはあるよ~な気が。あ、モシカシテ福岡吉本?いや!ワカッタ!KBCドォーモだ!チガウ?

★高速の渋滞情報も気になりつつ、6月の浪漫座を憶えてる方、いらっしゃいますか?monちゃんと関家君が共演したコンサート。Sugiちゃん主催で、超満員だったコンサート。今度また、関家君のアンサンブルで、チャリティコンサートがあるのです。詳しくはまたお知らせしますね!

[第25回 子どもも出来る?歌うカラダのための基礎レッスン]
♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪

呼吸の練習方法について

★さて、呼吸のお話しに戻りますね。「また~!」って声が聞こえそうですが、呼吸についてはもう終盤です。実際やってみながら、ココはこうでア~で、みたいなコトで練習しないと、ナカナカ伝わらないことも事実ですが、一通りは書いてきました。なので、アト数回(!)で終わりです。

★今日からは少し、練習方法をご紹介してみます。呼吸の練習は、新陳代謝を高めたりという効果もありますし、以前書いたように気持ち、心、感情をコントロールするのにもトッテモ有効なんです。なので、知っててソンはない!情報ですよ~。ゼヒお試し下さいませ~。

★ひとつだけ前に書いたのは「S音発声」と言う練習方法。おぼえてますか?コレは、数ある練習方法の中でも基礎中の基礎。ホントに歌がうまくなりたいヒトなら、毎日10分は繰り返してほしいぐらいのモノです。で、今日はこの「S音発声」を一歩進めたモノからご紹介します~!

★名前は「Z音発声」。S音と同じように子音から来た名前です。ワタシが勝手に付けた名前じゃありませんよ~。演劇系のメソッドの中に、チャ~ンとある練習方法です。でも、演劇と同じく声をメイッパイ使う歌、にもトッテモ有効なんです。そう、S音発声と同じですね~。

★やり方です。息の使い方は、ほぼS音と一緒。吐いて準備して、ゆっくり吸って安定して吐く。長さも同じと考えてイイですね。ハジメは15秒を目安にやってみてください。メトロノームをお持ちの方は、BPM(テンポスピード)60で16拍。そうです、16秒。

★コレ、この長さは練習する際に基本になりますので、コレもおぼえておきましょう。イチニーサンシー・・・からヨンニーサンシーまでの、4小節です。息を吸うのは4拍で。おぼえやすいでしょ?4拍子の曲では切りのイイ単位になります。感覚でつかめるように、慣れておきましょう!

★S音とZ音のイチバンのチガイは、声帯を使うこと。そうです、声を出すんです。S音の息の吐き方をしつつ、ほんの少し声を出すんですね。息が声帯を震わせるカンジで触れる、息がかすめていくようなイメージ。母音は意識しなくてイイです。音程(音の高低)もスキにどうぞ。

★息と声帯、声の関係を感じて、コントロールできるように慣らす、そんな練習なんですね。出てくる音、声を聴くと、「Zzzzzz」みたいに聞こえませんか?子音が続く、日本語にはない音ですね。なのでZ音発声と言います。ハジメはどんなふうに出すのか、つかめない方が多いです。

★S音と同じに息を出しながら、その息に声を混ぜる。そんなイメージでやってみてください。口の形を変えたりするとやりにくくなっちゃいます。Zの子音が続く、息の音に混ざってる、そんなカンジです。明日は、その時に考えるコト、注意しなくちゃいけないコトです。

※パソコンでご覧下さい。


Twitterボタン
Twitterブログパーツ




関連記事
スポンサーサイト

テーマ : 音楽のある生活
ジャンル : 音楽

Comment

非公開コメント

ランキングに参加しました!
よろしかったらポチッとな、お願いします!
【mon】プロフィール

お~しマン

Author:お~しマン
管理人はお~しマンですが、歌い手はmonですので、monのプロフィールをご紹介します。

大分県出身、福岡県糸島市在住。二児の母である子育てシンガー。叔父はスターにしきの、旦那はスター高橋(KBCドォーモ等)。

幼少の頃から叔父に憧れ、歌手になることを決意。1994年、ヴォーカルグループ、コーラスグループで音楽活動を開始。
2007年6月、シングル「あおぞら 〜世界中の子供たちへ〜」の発表を機にソロとして活動。親から子供へのメッセージソングとして各方面から絶賛。
2008年7月、三瀬プラネットジャム公式イメージソングでセカンドシングル「PLANET 〜サファイアブルーの星〜」発表。2009年6月サードシングル「タカラモノ」発表。2010年3月、家族だんらん県民運動、及び第5回食育推進全国大会のサポートソング「ごはんだよ」、第62回全国人権・同和教育研究大会サポートソング「ともだち」を同時収録の4thシングル「ごはんだよ/ともだち」発表。

子宮外妊娠のため、ふたつとも卵管をなくし不妊治療、体外受精などを経験。また在日韓国人であり、そのために被差別も体験。歌に込めるメッセージの、大きなモチベーションになっている。2000年10月に第一子を出産、2007年12月(あおぞらレコーディング中から妊娠)に第二子を出産。二人の子を持つ子育てシンガーである。

現在、佐賀・福岡・大分県内の小中学校等で、いのちや人権をテーマにしたスクールコンサート「生まれてきてくれてありがとうトーク&コンサート」を展開中。年間のコンサート数も80回を超え多くの方々の共感、感動の涙を誘うとともに、「子どもを抱きしめたくなった」などの感想を数多く頂いている。

メールはこのフォームから!

名前:
メール:
件名:
本文:

Blog Calender
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
最近の記事とコメントなど
カウンター
あおぞらリンク
カテゴリー
月別アーカイブ
QRコード
QRコード
ブログ内検索
RSSリンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。