スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

吉村正講演会レポ2

Diary0125
インフルエンザはもう治ったですかね?
寝てる人にイタズラしたくなる、ワタシって。
(ウチでじゃっかんきらわれ気味?)

♪上にも書いてますが、気になるインフルエンザ。まだコレからのところも多いようですね。週末の錦華幼稚園さんでも流行っているとTwitterでの情報がありました。子どもが罹患すると、ホントに心配です。流行が拡大しないことと、かかっちゃった子達の快復を祈りたいです。

♪龍国禅寺には、monetさんもいらっしゃってました。コメントにもありましたが、吉村先生の笑顔がスター高橋さんに似てるとか。ワタシ、当日のTwitterで森繁久彌さんに似てるってつぶやきましたです。おひげとお話しの雰囲気からでしたが、今思いかえしても、ナンですよね。

♪このblogで吉村先生の言葉とか、お話の内容、当然伝えきれるモノじゃありません。わかってはいるんですが、ワタシにとって衝撃だったことと、もしかしてコレがひろがると、スゴイことになるかも、そんな思いで書いています。表現力不足はしょうがないのですが、もどかしいです。

01
リハが終わったmonちゃん。隠れてる?カンジですね。

02
頂いたマクロビ弁当。オセジ抜きで美味しかった!

03
飲食用の広間。混雑してます~。

04
販売コーナーもたくさん。雰囲気もメチャステキ。

05
美味しい!身体にイイ!カンジのパンでした。

06
吉村先生著作コーナーの横がmonちゃんコーナー。光栄です!

07
始まる前からサイン会!メズラシイ、ありがたいコトです。

08
講演会会場も混雑してきました。

09
座布団、カナリ出てたんですよね~。

10
龍国禅寺、ご住職様。ご挨拶されました。

♪当初の告知で定員120名、それが聞くところにヨリますと160名を超えたらしいですよ、お申込みの方。ナノデ締め切りになったんですね。スゴイことです。混雑するわけです。でも、雰囲気はソレはもうイイ感じ。スタッフのみなさん、そして吉村先生のお人柄?ナノでしょう。

♪ワタシがこのblogに告知を載せる際に、ネットで予備知識をと思い、吉村先生のことを検索しました。その際に少し批判的な記事もあったんです。その時は「ナゼかな?」と。自分自身、極論的な考え方に馴染まない性格なもので、少しだけ身構えるところがあったかもデス。

♪でもそんな記事も、「あ~、だからか」的に理解、と言うかわかったんです。吉村先生は西欧医学や現代医学、また今の社会で基本的な合理主義を真っ向から批判されます。でもソレは、単なる批判でなく、経験や人生観に根ざした、哲学とも言うべきモノから。

♪ネットで批判的な文章を書かれた方々は、そのあたりの文脈というか、想いはわかるけど的な立場で、おそらくは自己弁護的にならざるを得ないのかな、そんな気がしました。吉村先生の言葉はそのぐらい真っ当で、激しく重い。オンエア出来ない言葉もポンポン飛び出すぐらい。

♪そして、いのちや生きること、イキモノとしてのニンゲンに対する、愛情があふれているんです。激しい言葉はその裏返し、と言うか励ましなのかも知れません。「キミはどう生きる?どういのちを全うする?」そんな投げかけ。特に女性に対するまなざしが優しいのです。

♪「頭で考えるな。効率主義になるな。感情や割り切れないモノを大事にしなさい」たぶんそんなメッセージだったんじゃないか。にぶいワタシが感じたことです。「お産」を通じて、なにが大事かを見つめ直しなさい、そんなカンジ。今回ワタシの感じたことの一部、でした。







mon公演の詳細、資料はコチラへどうぞ!「公演について


※パソコンでご覧下さい。


Twitterボタン
Twitterブログパーツ

関連記事
スポンサーサイト

テーマ : 音楽のある生活
ジャンル : 音楽

Comment

非公開コメント

ランキングに参加しました!
よろしかったらポチッとな、お願いします!
【mon】プロフィール

お~しマン

Author:お~しマン
管理人はお~しマンですが、歌い手はmonですので、monのプロフィールをご紹介します。

大分県出身、福岡県糸島市在住。二児の母である子育てシンガー。叔父はスターにしきの、旦那はスター高橋(KBCドォーモ等)。

幼少の頃から叔父に憧れ、歌手になることを決意。1994年、ヴォーカルグループ、コーラスグループで音楽活動を開始。
2007年6月、シングル「あおぞら 〜世界中の子供たちへ〜」の発表を機にソロとして活動。親から子供へのメッセージソングとして各方面から絶賛。
2008年7月、三瀬プラネットジャム公式イメージソングでセカンドシングル「PLANET 〜サファイアブルーの星〜」発表。2009年6月サードシングル「タカラモノ」発表。2010年3月、家族だんらん県民運動、及び第5回食育推進全国大会のサポートソング「ごはんだよ」、第62回全国人権・同和教育研究大会サポートソング「ともだち」を同時収録の4thシングル「ごはんだよ/ともだち」発表。

子宮外妊娠のため、ふたつとも卵管をなくし不妊治療、体外受精などを経験。また在日韓国人であり、そのために被差別も体験。歌に込めるメッセージの、大きなモチベーションになっている。2000年10月に第一子を出産、2007年12月(あおぞらレコーディング中から妊娠)に第二子を出産。二人の子を持つ子育てシンガーである。

現在、佐賀・福岡・大分県内の小中学校等で、いのちや人権をテーマにしたスクールコンサート「生まれてきてくれてありがとうトーク&コンサート」を展開中。年間のコンサート数も80回を超え多くの方々の共感、感動の涙を誘うとともに、「子どもを抱きしめたくなった」などの感想を数多く頂いている。

メールはこのフォームから!

名前:
メール:
件名:
本文:

Blog Calender
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
最近の記事とコメントなど
カウンター
あおぞらリンク
カテゴリー
月別アーカイブ
QRコード
QRコード
ブログ内検索
RSSリンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。